基礎知識 12.蓄電池の大きさ・重さについて [ 2016.06.20 / 蓄電池概論 ]

みなさんこんにちは。
北海道で蓄電池を設置するならアーク!
アークの蓄電池と言えば、どうも稲垣英敏です。


本日のテーマは『蓄電池の大きさ・重さについて』です。
意外と一番イメージしにくいのはこれではないでしょうか?実物を見たことも、触ったこともない方がほとんどだと思います。


まず大きさに関しては、
屋外型の平均は「エアコンの室外機を、縦に2つ分」くらいです。
屋内型の平均は「エアコンの室外機1つ分」くらいです。


そして重さはに関しては、
屋外型で120kg~250kgほど。
屋内型でも60kg~170kgほどになります。


意外と大きくて、重いです。室内に置くには、少し大きすぎるかもしれません。せっかくの部屋のスペースを潰してしまうのはデメリットですね。
小型のポータブルのものだと、もう少し小さくて軽いのですが、
その分どうしても容量が小さくなってしまいます。

定置用と呼ばれる、一度設置したら動かさないこれらのものは、大きくて重い分、容量や出力も大きくなっています。ご家庭でのベストな製品がどれか迷われてしまったら、お気軽にご相談ください!

 

北海道で蓄電池を設置検討されているあなた!
ご相談、お問合せ、お見積はアークまで、お気軽にどうぞ!

0120-370-700