form_img

   

蓄電池のメリット

   
  
c_merit_title

蓄電池システムとは?

電気を貯めたり、使ったり出来る装置です。
充放電を繰り返し行う事が出来るので二次電池・バッテリーとも言われています。

電気料金の安い深夜に電力を蓄え、電気料金が高くなる昼間に使用して電気料金を安くするなど、賢い使い方ができます。
また、災害などによる停電が起きた等の非常時にも電気が使うことができます。

日々の電気代の節約

電気料金が安くなる深夜に電気を充電し、電気料金が高くなる日中の時間帯に放電(使用)することで、日中の電気購入量を抑えることができます。

peak_shift

注 上図はイメージを分かりやすくお伝えするためのもので実際のものとは異なります。
参考:北海道電力 「ドリーム8」(時間帯別電灯)プラン(電気料金プランは電力会社によって異なります。)
※昼間時間の210kWhを超える場合の料金です。

非常用電源としての利用

自然災害などの影響で停電が発生し、電力供給がストップした場合でも蓄電池に充電しておいた電力を一定時間使用する事ができます。

emergency

オススメの蓄電池

kyocera12kw

京セラ蓄電池12kw

京セラからリリースされている多機能蓄電システム「リチウムイオン蓄電システム大容量タイプ」です。 12kwの大容量ながら薄型化を実現、設置時に押し上げあり、なしの設定が可能です。寒冷地にも対応しています。          

kyocera12kw

        

enegoon

東芝「エネグーン」

東芝からリリースされている定置式家庭用蓄電システムです。蓄電容量は6.6kWhながら寒冷地に強く、安全で長寿命な性能を持ちます。 停電が迫っても急速充電することにより素早い対応が可能です。

enegoon

         

こんな蓄電池もございます

enehand

エネハンド充電器

フォーアールエナジー社開発の、電気自動車もしくはプラグインハイブリッド車用の蓄電池付充電器です。 12kWhという、蓄電池としては大容量のものを内蔵し、系統連系も可能なので住宅やマンション等の蓄電池としても使用が可能です。

enehand



present_btn


page_top