form_img

   

太陽光発電との連携

   
  
solar_renk_title

相性が良い蓄電池と太陽光発電

蓄電池システムは電気を貯める(貯めた電気をいつでも使える)事が出来るため、日中にしか発電ができない太陽光発電システムとの相性が良いです。
運用の仕方によって売電量を増やしたり、買電量を大幅に削減したり、停電時に大きな力を発揮します。

売電量のアップ

深夜電力を蓄電池に貯め、日中に使用。太陽光発電システムでの売電量を増やすことができます。

double

注 上図はイメージを分かりやすくお伝えするためのもので実際のものとは異なります。
※ダブル発電となるので売電単価が変化します。

買電量の大きな削減

日中は太陽光発電で電力をまかない、太陽光が不足する時間帯で蓄電池の電力を使用することによって電力会社からの電気量を抑えることができます。

merit2

注 上図はイメージを分かりやすくお伝えするためのもので実際のものとは異なります。

より安定した非常用電源

大規模な災害などによって停電が長引く場合、蓄電池単体では蓄えられる電力の容量に限界があります。
太陽光発電システムだけでも夜間は発電しないなど、対応しきれない部分もあるため、太陽光発電システムと蓄電池システムの併設は有効であると考えられます。

naze_nani

present_btn

page_top